森絵都

永遠の出口 森 絵都

ひとこと ネガティブ志向の人の頭の中。 一人のネガティブ女性の学生時代に体験するであろう一連の事が詳細に書かれています。物語の最後では、主人公の社会人の物語も書かれています。話の中で、特に一喜一憂することもなく淡々と読んでいられるのは、主人公の女性が全てにおいて適当にやり過ごしているからなのかも。 この女性はやる気があるのに、本気を出さずに、自分にはこれくらいの人生なんだと思って生きています。その […]

みかづき 森絵都

ひとこと 強い女性が最期を迎えるときに、人々から愛される方法 強すぎる女性の一生の物語 プラス その女性の子供・孫の物語も少しあります。戦後間もない日本でこの物語の主人公が存在していたら、非常に世間では浮いていたと思いますが、この女性が手掛ける塾事業の表舞台には男性を立たせて、裏で主人公が思い通りに塾事業を展開していきます。 ほとんどを主人公の独断で決めていくので、旦那や子供たちは常に振り回され、 […]