曽野綾子

人間の分際 曽野綾子

ひとこと 悲劇のヒロイン、ゴシップ好きの人たちに向けた、悪口に聞こえないひどい悪口 色々な物語を抜粋して再度解説しています。話しの中心になっている人は、現代で言う「甘えた人」「悲劇のヒロイン」「自分さえよければいい」方達です。 この本のように、上記の人たちのことを表現できて、さらにその表現を上記の人たちが知ることが出来れば、彼ら彼女らは、もう少し自分と向き合うじゃないかと思います。ただし、この本に […]