奥田英朗

ウランバーナの森 奥田英朗

ひとこと 終始、便秘と人間の懺悔 人とはこんなにも自分の思い込みで病気になってしまうのかと、半信半疑です。少しグラップラーバキっぽさも入ってます。 非現実的なものを、いかにも現実的に行われているかのように見せるところがポイントです。「実は。。」の種あかし部分がありますが、それほどピンとこなかったです。 便秘を改善しようという自己啓発本ではないのですが、便秘に悩む人におススメしたいです。