【R3年9月11日時点 雇用調整助成金】差額支給申請の書き方 サンプルあり

【R3年9月11日時点 雇用調整助成金】差額支給申請の書き方 サンプルあり

新型コロナ特例の雇用調整助成金の電話相談窓口
0120-60-3999  (受付時間9:00-21:00:毎日)
管轄のハローワークでも相談可能です。

令和3年5月1日以~9月までの5カ月間は、雇用調整助成金に「原則」、「業況特例」と「地域特例」の助成率が追加されました。

令和3年5月以前に申請していたのは雇用調整助成金コロナ特例の「原則」での申請となっています。令和3年5月以降からは特例として申請しなければ、100%の助成率で受給することができません。例え、申請書に100%の支給額を記載して申請しても、申請額通りには支払われませんので注意してください。一人当たりの上限額は以前と変わらずに15,000円となっています。

原則について
【R3年7月8日時点 雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

申請書の取得方法

令和3年5月以降分の雇用調整助成金についての支払決定通知書を手元に準備して、ハローワークに連絡します。
ハローワーク助成金事務センター(平日9:00-17:00)
tel:03-5909-3122

1週間以内にハローワークより差額支給申請書の用紙が郵送されてきます。東京都の場合はピンクの用紙(写真参照)でした。都道府県によって申請書の用紙が微妙に違うそうなので、必ずハローワークから郵送されてきた用紙を使って、差額申請を行ってください。

申出書 1枚目

申出書 2枚目

差額申請の必要書類

・差額支給申請に係る申出書
・前回申請時に提出した各月の書類一式
・売上30%減少を証明する売上表(業況特例の場合)
・差額申請する分の支給決定通知書

差額支給申請に係る申出書の書き方 1枚目

注意事項
・申出書の提出日を記載する際は、支給決定通知右上の日付の2カ月以内の日付を記載
・1カ月単位での申請

差額支給申請に係る申出 差額支給申請に係る申出書の書き方 2枚目

申出書は2枚綴りとなっています。初めに、令和3年1月8日以降解雇等を行っていないかの有無を聞かれます。そこで、解雇をしていなければ助成率が100%となります。解雇を行った場合は、80%の助成率となります。

2枚目は、提出書類が揃っているか、差額申請の対象事業主であるかのチェックとなりますので、郵送する前に確認の為にこちらのチェックリストを使って漏れがないかの確認を行ってください。

チェックリストですが、提出する義務があります。

差額申請書の郵送先

これまでに作成した、申請書と添付書類に押印し、郵送で提出となります。
郵送する場合は必ず追跡できる郵送方法で郵送してください。

東京都の方は下記まで郵送してください。東京都以外の方は、管轄の労働局まで郵送お願いします。
〒169-0073
東京都新宿区百人町4-4-1 新宿労働総合庁舎1階

東京労働局 助成金事務センター
助成金第5係 5月特例対応班(15F)

東京以外の方は、お手数ですがお電話にて郵送先のご確認をお願いします。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事