【事業再構築補助金】第1次の採択率が発表!!

【事業再構築補助金】第1次の採択率が発表!!

コロナの影響で売上の下がった個人事業主、中小企業が、事業再構築を支援する補助金となります。つまり返さなくていいお金となります。

今回の事業再構築補助金は過去最大の予算 1兆1,485億円 計上されており、補助金の申請条件もほとんどの中小企業が当てはまる優しい条件となっておりますので、コロナ禍の中で何とか事業を立て直そうとされている事業主の方たちは、この申請を必ず行ってください。

事業再構築についてのコールセンター(平日のみ 9:00~18:00)
tel:0570-012-088
tel:03-4216-4080

事業再構築補助金のポイント説明
【事業再構築補助金】全体をポイント解説(第3回公募)

事業計画書の作成方法
【事業再構築補助金】これが採択された「事業計画書」の内容

第1次公募の採択結果 全体像

中堅企業の採択率の発表もありましたが、申請者が少ない為、中小企業の採択率に絞って説明します。

表から分かるように、申請要件を満たしていない申請が2,114件もありました。事前確認機関のチェックに頼らず、ご自身でも申請要件を満たしているかの確認を必ず行ってください。

最終チェックリスト
【事業再構築補助金】本当に大丈夫!?申請する前の最終チェック(第3回公募)

事業再構築補助金の採択率を他の補助金と比べてみると、事業再構築補助金と似ていて、採択率が高い補助金の1つとして「ものづくり補助金」というのがあります。今回の事業再構築補助金の採択率と「ものづくり補助金」の採択率が同レベルだったことから、再構築補助金の採択率は高いほうだと思われます。

第1次公募 業種別の採択率

この採択率については、中小企業・中堅企業を併せて計算しております。

この採択率の順位を基に、どの業種が採択されやすいかと判断するのは難しいと言えます。というのも、事業再構築補助金では、現在と将来の業種・事業を変えることを想定としているからです。

第1次公募 都道府県別の採択率

この採択率については、中小企業・中堅企業を併せて計算しております。また、申請要件を満たした申請件数に対しての採択率を計算しております。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事