【月次支援金】あなたの事業は大丈夫!?給付対象外の事業者一覧

【月次支援金】あなたの事業は大丈夫!?給付対象外の事業者一覧

月次支援金相談窓口(8:30~19:00 無休)
tel:0120-211-240
tel:03-6629-0479 (携帯電話の方)

月次支援金について
【月次支援金】全体をポイント説明 申請しなければ損!ほとんどの事業者が対象 

本登録方法はこちら
【月次支援金】簡単解説 実際の申請画面で解説

1.季節性のある事業

事業活動に季節性があるケース(例:夏場の海水浴場)における繁忙期や農産物の出荷時期以外など、通常事業収入を得られない事業

2.給付対象月の売上計上基準を変更した

対象措置とは関係なく、売上計上基準の変更や顧客との取引時期の調整により対象月の売上が減少している

3.営業日数減少で売上が減少

単に営業日数が少ないことにより対象月の売上が50%以上減少している場合

4.給付通知を受け取った

対象月の月次支援金に関する給付通知を受け取った者

5.不給付通知を受け取った

月次支援金又は一時支援金の給付の申請に当たり、事務局が不備修正依頼等を行ったにもかかわらず、申請者が給付要件を満たすことを確認するに足りる対応を行わなかったこと。ただし、悪質性が高くないと中小企業庁⾧官が認めるものを除く。

6.無資格受給または不正受給者

月次支援金又は一時支援金について、無資格受給又は不正受給を行った者。ただし、無資格受給を行った者であっても悪質性が高くないと中小企業庁⾧官が認めるものを除く。

7.公共法人

国、法人税法別表第1に規定する公共法人

8.風俗営業等

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)に規定する「性風俗関連特殊営業」又は当該営業にかかる「接客業務受託営業」を行う者

9.政治団体

10.宗教上の組織又は団体

11.協力金受給者

地方公共団体による対象月における休業又は営業時間短縮の要請に伴い新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を用いている協力金の支払対象となっている者

12.受給の非該当者

1.~11.に掲げる者のほか、月次支援金の趣旨・目的に照らして適当でないと中小企業庁⾧官が判断する者

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事