かがみの孤城 北村深月

かがみの孤城 北村深月

ひとこと

不登校中学生の葛藤と戦い、そして不登校からの脱却

7人の不登校中学生が、不思議な国に集められて1年間共に過ごす物語です。誰が主人公というよりも7人全員が主人公です。中学生がどういう理由で不登校になるのか、そして教師の対応、親の対応、誰も分かってくれない不登校の理由。

甘えや逃げ癖がある子供が不登校になると思っていたら大間違いです。不登校になるにはそれなりの理由があります。そして不登校から脱却するには、その子たけの力では到底難しいんだと知ることが出来ました。

特に両親の助けは必須で、子供の気持ちになって教師や学校と話し合い、何も話したがらない子供から、不登校の理由を話し出すまで根気強く我慢する努力が必要なんだと学べました。

読書感想カテゴリの最新記事