【一時支援金】登録確認機関の事前確認 どんな質問されるの?

【一時支援金】登録確認機関の事前確認 どんな質問されるの?

一時支援金とは、2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受けた中小法人・個人事業者等の方に給付される支援金です。つまり、返さなくていいお金となります。

個人事業主には限度30万円、法人は限度60万円となります。

ただし、今回の支援金の申請方法は今までの助成金、補助金よりも少し厳しい審査が登録確認機関により行われることになりました。その少し厳しい審査が「事前確認」というものになります。事前確認は、TV電話、対面、電話等で行われ、所要時間は15分程度になります。

申請者専用問い合わせ窓口(8:30~19:00 毎日)
tel:0120-211-240
tel:03-6629-0479 (携帯電話用)

一時支援金について
【一時支援金】これをさえ見れば申請可能 ~個人でも法人でも貰えます~

事前確認についての詳しい説明
【一時支援金】 事前確認しなくてもいい?

①事業者の種類

初めに下記の事を確認されます

・法人または個人事業主かの確認
・一時支援金のHPで取得した申請IDと電話番号の確認
・(法人)法人番号と法人名
・(個人)氏名、生年月日

②本人確認

・身分証明書の提示
・(法人)履歴事項全部証明書に記載されている代表者と身分証明書の氏名が一致しているかの確認

③必要書類の確認

・収受日付印の付いた確定申告書控えの確認(e-taxの場合は受信通知メール)
・売上台帳、請求書等の確認
・2019年1月以降の取引を記録している通帳の確認

④受給対象となった売上月の取引確認

売上が50%以上減少した2021年の月と比較した、2019年又は2020年の月に取引のあった事業者とのお金のやりとりが通帳に記載されているかの確認

請求書もなく、現金のみでのやりとりの場合、なぜ請求書がなく現金やりとりなのかを説明出来ればOKです。

個人名等でも取引先と証明出来る請求書等があればOKです。

⑤宣誓・同意書の内容を理解しているか

最後に登録確認機関から、宣誓内容について質問がありますので下記宣誓内容を理解している旨を伝えれば問題ありません。

宣誓・同意書(下記からダウンロード)
https://ichijishienkin.go.jp/assets/files/sensei_doui.pdf

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事