豊田章男 片山修

豊田章男 片山修

ひとこと

豊田章男の事をどの角度からも絶賛する一冊

伝記を本人以外が本に書けば、それはほとんどが褒める内容になるのはある程度想像がつくが、この本は群を抜いて褒めちぎっている。豊田章男の信者が出版した本と言っても過言じゃないくらいです。

内容はトヨタが豊田章男を社長に迎えるまでと、章男が社長になるまでトヨタの御曹司としての肩書を使わないように、現場第一でトヨタで学んでいたひたむきな姿勢が書かれています。

もう少し、章男さんが行った1つ1つの事業について詳細を調べてくれると、より章男さんの仕事に対する情熱を感じることが出来たのかなと思いました。この本の紹介に、現在の若者の自己啓発本にもなると紹介がありましたが、体育会系の人には確かにいい自己啓発本になると思います。

読書感想カテゴリの最新記事