【簡単作成】確定申告 収支内訳書の書き方 サンプルあり

【簡単作成】確定申告 収支内訳書の書き方 サンプルあり

確定申告書の作成が簡単なことから、ほとんどのフリーランス(個人事業主)が確定申告をする際は、白色申告を行っています。ここでは白色申告書の作成方法をサンプルと一緒に説明します。

白色申告について
【簡単説明】青色申告と白色申告の違いについて

申告書の提出方法
フリーランス(個人)の確定申告提出方法 3種類

白色申告書を作成する前の準備

・1月1日~12月31日までの収入・支出の合計(下記写真参照)
・国保・国民年金の支払額合計(通知が12月頃年金事務所から届く)
・確定申告書Bの用紙
・収支内訳書の用紙
・マイナンバー
・印鑑

白色申告書の作成 手順

収支内訳書の作成

確定申告書の作成

提出

納付

白色申告 収支内訳書の作成

収支内訳書とは、1月1日~12月31日までの収入と支出の合計額を記載する表です。収支内訳書に記載する数字に対する根拠(レシート、銀行入出金明細)は申告時に添付する必要はありませんが、7年間の保存義務があります。曖昧な記憶だけで収支内訳書の数字を記載するのは、国税からの調査対象となりますので市注意してください。

収支内訳書 裏面

収支内訳書の裏面です。売上と仕入額の明細を求められるので、大きな金額の取引先があれば記載しましょう。同じ金額ぐらいの取引先しかないようであれば、1社の取引先だけを記載してください。

地代家賃には、現在事務所兼住宅として使用している賃貸の貸主の情報を記載してください。もし持家の場合は記載不要です。

収支内訳書が完成したら、次は最後の申告書作成となります
【完全ガイド】確定申告書き方 申告書作成

確定申告カテゴリの最新記事