【簡単説明】初めての確定申告

【簡単説明】初めての確定申告

確定申告とは、1月1日~12月31日の1年間に得た収入に対して本人が税金を計算し、申告から納付をする手続きを行うことを言います。

フリーランス(個人事業主)の方で、税務署に開業届を提出していない方は白色での確定申告を行います。

確定申告書の提出方法について
フリーランス(個人)の確定申告提出方法 3種類

確定申告書の作成 完全ガイド
【完全ガイド】確定申告書の書き方 収支内訳書
【完全ガイド】確定申告書き方 申告書作成

青色申告と白色申告の違いについて
【簡単説明】青色申告と白色申告の違いについて

確定申告 白色申告とは

白色申告とは、申告方法が簡単であるため、経理の知識が無くても申告書の作成が可能です。事業を始める際に、白色で申告する場合は、税務署に開業届け出を提出する必要はありません。

白色申告のデメリットは、特別控除や、税金を軽減する特典が適用されないので、収入金額が多い場合は、高い税率で納税となります。

確定申告 必要書類

・本人確認証(マイナンバーカード or 住民票+免許書 or パスポート)
・印鑑(シャチハタ不可)
・確定申告書B(フリーランスの場合)
・収支内訳書
・収入の分かるもの(売上帳など)
・経費書類(レシートや領収書)

確定申告の申告期間

確定申告の事業年度は、1月1日~12月31日と決まっています。

確定申告の申告期限に提出が間に合わなかった場合

申告期限を過ぎても提出は受付けます。ただし「期限後申告」として扱われる為、期限を過ぎた分の延滞税等が、申告書を提出した後に税務署から延滞税についての通知が来る可能性があります。延滞税がかかるからといって確定申告をしないと、無申告加算税も併せて加算されますので、申告期限を過ぎても必ず確定申告は行ってください。

事業によって収入が変わります

事業によって申告する収入が変わります。フリーランス(個人事業主)の収入は原則として事業所得となります。小売り、サービス、農業などの所得も事業所得となります。

ただし、アパート経営や駐車場などの不動産賃料関係の収入は、不動産所得になります。

ちなみに、会社員の給与は給与所得となります。

確定申告をしなくてもいい1年間の収入額

確定申告で納税額の計算をした結果、納税額が「0」の場合があります。この場合は確定申告をする必要はありません。では、毎回確定申告時に納税額の計算を行わなければいけないのかと言うとそうではありません。

フリーランス(個人事業主)の場合、収入金額が1年間で48万円以下(基礎控除額と同額)の場合は確定申告をする必要はありません

確定申告カテゴリの最新記事