その女アレックス ピエール・ルメートル 訳 橘明美

その女アレックス ピエール・ルメートル 訳 橘明美

ひとこと

逃げ場のない残酷悲惨な物語、さすがフランス産

サスペンス小説というよりも、人間の残忍さがはっきりしているホラー小説。ここまで酷い物語は現実には起こらないとは思うけど、実際にありそうな気もしてくる。読んでいてそんな怖さがあります。

犯人への感情の変化、被害者への感情の変化は、面白いほど読んでいて変わっていきます。表紙は被害者のいつの場面を表しているのかは不明だが、なんとなく被害者女性の心の中を絵に書くと表紙のようになるんだなと思えます。

主な登場人物は不幸過ぎるか、残酷な人間なので読んでいて暗い気持ちになります。一度も、幸せ明るい話が出てきません。

読書感想カテゴリの最新記事