モノグラム殺人事件 ソフィー・ハナ/山本博・大野尚江訳

モノグラム殺人事件 ソフィー・ハナ/山本博・大野尚江訳

ひとこと

物語は面白い、翻訳が中学生

名探偵ポアロと仲のいい刑事の二人が物語を展開していく推理小説です。刑事の目線で物語が進んでいきますが、読んでいるうちに、誰の思考、発言かが分からなくなります。

登場人物の呼び方がほとんどフルネームなので、覚えるのが大変です。また、名探偵ポアロのしゃべり方の訳が、あまり頭の良さそうに感じられず、英語を練習している外国人のような話し方に感じました。

物語は面白いので、翻訳する方がもう少し名探偵ポアロの小説を読んで、翻訳に取り掛かってもらえると、もっと面白く読めたなと思います。

読書感想カテゴリの最新記事