片眼の猿 道夫秀介

片眼の猿 道夫秀介

ひとこと

特殊能力の由縁ゼロ、殺人事件解決よりも特殊能力の深堀り希望

殺人事件の解決には特殊能力が必須の物語なのに、その特殊能力については最後で少し種あかしがあるが、あまりにも少なすぎる。読み進めていくうちに後で特殊能力についての話しがあるような感じだったので、残念。

本のタイトルも何故これという感じです。私だったら「奇形探偵」とかにしたい。現実的に起こりそうな話と、非現実的な話が融合していないため、あまり話に入り込めなかった。

読書感想カテゴリの最新記事