【家賃支援給付金】分かりやすく申請方法を解説 画像あり

【家賃支援給付金】分かりやすく申請方法を解説 画像あり

2020年7月14日よりオンラインでの「家賃支援給付金」への申請がスタートしました。パソコン、スマホにも対応しているので、どこからでも申請可能です。

申請方法がこのサイトを見てもよく分からないという方は、申請サポート会場も用意されていますので、そちらをご利用ください。申請サポート会場に行く際は、必ず予約が必要となりますので、お気を付けください。

家賃支援給付金についての電話相談
0120-653-930 (受付時間:8:30~19:00 休:土曜日、祝日)

申請サポート会場について
https://yachin-shien.go.jp/support/index.html

申請画面はこちらをクリック
https://yachin-shien.go.jp/

ログイン画面
https://reception.yachin-shien.go.jp/login

家賃支援給付金についての詳しい説明
【家賃支援給付金:コロナ】 最大600万円の給付額について分かりやすく説明

【家賃支援給付金】申請方法 仮登録

下記サイトから「申請する」をクリック。
https://yachin-shien.go.jp/
必要書類の確認が出てきますので、準備をしてください。
当てある項目にチェックを入れ、必要事項を記載してください。

メールはフリーメールアドレスが届きやすいです。outlookのメールアドレスはは届きませんでした。

「上記に同意して次へ進む」をクリック。すると内容確認画面となりますので、入力内容に問題なければ「次へ進む」。

先ほど登録したメールアドレスにメールが届きますので、メール内のURLをクリックします。

「手続き用ログインID」と「手続き用パスワード」を求められますので、ご自身で決めて入力してください。その決めたIDとパスワードはログインの際に必要となりますので、どこかにメモをお願いします。その後「登録する」をクリック

【家賃支援給付金】申請方法 マイページ

マイページに移動したら、「申請の入力を始める」をクリック。「宣誓」画面に移動します。チェックしていく箇所があるので、全てにチェックを入れて「一時保存して次へ進む」をクリック。

「基本情報入力」画面に進むので、必要事項を記載してください。「一時保存して次へ進む」をクリック。

【家賃支援給付金】申請方法 売上情報の申請方法

「一般的な申請方法」を選択してください。もし一般的に当てはまらない場合は、当てはまる申請方法をクリックしてください。「一時保存して次へ進む」をクリック。

法人名と確定申告、振込口座の名義が同一の確認になります。「一時保存して次へ進む」をクリック。

【家賃支援給付金】申請方法 売上入力

比較する年度の同月売上から50%以上売り上げが減少、もしくは比較する年度の売上の合計額と比較し、30%以上減少した月を記載。3カ月の売上合計額で比較する場合は、最初の月を選んでください。売上額については、決算書と同じ金額で記載してください。(税抜、税込表示の確認)「上記の内容で受給資格を確認する」をクリック。「受給対象」と表示された場合は、「一時保存して次へ進む」をクリック。

【家賃支援給付金】申請方法 土地・建物に関する賃貸借の追加・編集

「新規追加」をクリック。当てはまる箇所にチェックを入れ、必要事項を入力してください。

再度、借りている物件の住所を入力します。左下に「物件追加」というボタンが出てきますが、複数件を申請予定の場合は、他の物件情報は別のページで入力します。ここでの「新規追加」とは同一契約内に複数の物件が含まれる場合のみ入力してください。

今回申請する賃貸契約書、更新の覚書、家賃の直近3カ月間の支払いに関する書類、支払口座の銀行通帳等を添付してください。新しく契約したばかりで、更新に関する覚書が無い場合は、最初に添付した賃貸借契約書を添付してください。

【家賃支援給付金】申請方法 複数件の家賃支援給付金申請について

複数件の家賃支援給付金を申請をする場合は、この画面から「新規追加」をクリックし、2件目以降の情報を入力してください。

確定申告時に申請している家賃金額を入力します。「家賃支援給付金の給付想定額を計算する」をクリックすると、自動的に家賃給付金額が表示されます。

【家賃支援給付金】申請方法 口座情報入力

家賃支援給付金を受け取りたい口座の情報を入力し、その口座の通帳表と、見開きページを添付します。

「申請する」をクリックして、申請完了となります。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事