【雇用調整助成金】雇用保険未加入でも貰えます

【雇用調整助成金】雇用保険未加入でも貰えます

新型コロナ特例の雇用調整助成金の電話相談窓口
0120-60-3999  (受付時間9:00-21:00:毎日)
管轄のハローワークでも相談可能です。

個人事業主の場合
【雇用調整助成金】個人事業主でも申請可能!?

R3年5月以降の雇用調整助成金について
【R3.5.1日以降の雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

雇用調整助成金 雇用保険未加入者を休業させた場合でも対象?

2020年6月13日の改正で、雇用保険未加入者の休業分も国が100%保証するよう変更がありました。申請方法も、雇用保険加入者とほとんど変わりません。既に雇用保険加入者の申請がお済の方は、追加で雇用保険未加入者の申請も今から行ってください。

雇用保険未加入の場合は、申請書類の雇用保険番号を記載する箇所を空白にして、提出することで申請が出来ます。

申請方法はこちら
【雇用調整助成金】雇用保険未加入者の申請方法 画像サンプルあり

雇用調整助成金 提出書類

・支給申請書(3種類):様式特小第1号(別紙含む)、2号、3号
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html
・売上表 or 損益計算書 or レジの月次集計 休業月と去年の同じ月(2回目以降の申請には不要)
・休業月のタイムカード or 出勤簿 or シフト表
・休業明細 or 賃金台帳
・役員名簿(いる場合)
・振込先の通帳 or キャッシュカードのコピー(2回目以降の申請には不要)

*会社、事業の設立が2020年の場合は、提出する売上表は休業月と休業月の前月分の提出となります。去年の売上が無いため、直近の売上で比較します。

*1カ月間全日休業させた場合のタイムカード、出勤簿、シフト表の提出については、従業員が通常取るべき「休日」と、今回休ませた「休業」が分かるように提出しなければならないので、休日の日には「休日」と記載し、休業の場合は「休業」と記載してください。

役員名簿のダウンロードはこちら

雇用調整助成金 雇用保険未加入の受給条件

・休業月の前月と1年前の売上を比較して、休業月の売上が5%以上減少
例:休業月2020年4月 比較する月は2020.3月の売上と2019.3月売上
・雇用保険加入会社
・従業員を雇っている(社員、アルバイト含む)
・新型コロナウィルスの影響を受けた事業主(個人事業、法人事業含む)

申請書類提出期限

2020年4月1日~2020年6月30日の休業申請の申請期限は8月31日まで

7月1日以降は最終休業日から2カ月以内の申請となります。
例:7月1日~7月31日まで休業した場合の申請期限は、9月30日までとなります。

雇用調整助成金申請書 郵送先

これまでに作成した、申請書と添付書類に押印し、郵送で提出となります。
必ず追跡できる郵送方法で郵送してください。

東京都の方は下記まで郵送してください。
〒169-0073
東京都新宿区百人町4-4-1 
新宿労働総合庁舎ハローワーク助成金事務センター

東京都以外の郵送先
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10702.html

封用表の下に、「雇用調整助成金申請書類在中」と記載してください。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事