【R3.5.1日以降の雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

【R3.5.1日以降の雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

新型コロナ特例の雇用調整助成金の電話相談窓口
0120-60-3999  (受付時間9:00-21:00:毎日)
管轄のハローワークでも相談可能です。

R3.4.30日分までの雇用調整助成金について
【R3.4.30日までの雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

個人事業主の場合
【雇用調整助成金】個人事業主でも申請可能!?

雇用保険未加入の場合
【雇用調整助成金】雇用保険未加入でも貰えます

雇用調整助成金の特例措置の延長が決定

当社予定していた、雇用調整助成金の支給はR3年4月30日までとなっておりましたが、R3年4月30日に延長が発表されました。まだ、申請方法や申請書類は発表がないので、発表され次第更新致します。

延長期間は、R3年6月30日までとなります。

原則とは

特例の条件に当てはまらない企業となります。

特例①:業況特例

休業の初日が属する月から遡って3カ月間の売上が、2019年同期又は2020年同期の売上の30%以上減少している事業主
例:2021年5月1日~休業した場合、比較する月は2021年3,4,5月

特例②:地域に関する特例(営業時間の短縮等に協力)

以下を満たす飲食店や催物(イベント等)を開催する事業主
1.まん延防止等重点措置の対象区域において都道府県知事による要請等を受けて
2.まん延防止等重点措置を実施すべき期間を通じ
3.要請等の対象となる施設(要請等対象施設)の全てにおいて
4.営業時間の変更、収容率・人数上限の制限、飲食物提供又はカラオケ設備利用の自粛に協力する

緊急事態宣言地域も同じように含みます。特例①、②どちらかに当てはまれば、特例事業主となります。

まん延防止等重点措置の区域及び機関は、厚生労働省HPで確認出来ます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/cochomoney_00002.html

R3.5.1日以降分の必要書類

まだ発表されておりません。5月中旬発表予定です。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事