【R3.4.30日までの雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

【R3.4.30日までの雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

新型コロナ特例の雇用調整助成金の電話相談窓口
0120-60-3999  (受付時間9:00-21:00:毎日)
管轄のハローワークでも相談可能です。

R3年4月30日分までの実際の申請方法
【R3.4.30日までの雇用調整助成金】簡素化された申請方法説明 画像サンプルあり

R3年5月1日以降の申請について
【R3.5.1日以降の雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

個人事業主の場合
【雇用調整助成金】個人事業主でも申請可能!?

雇用保険未加入の場合
【雇用調整助成金】雇用保険未加入でも貰えます

R2.4.1以前の申請とそれ以降の申請方法の違いは?

2020年5月19日に大幅に簡素化された申請が可能となりました。

大幅に変わった点は
・申請書類
・添付書類
・助成率
・申請時期
・雇用保険加入者でなくても申請可能

簡素化された申請書類

以前までの雇用調整助成金の受給の流れは
「計画申請」提出→「支給申請」提出→受給

簡素化以降、受給までの流れ
「支給申請」提出→受給

「計画申請」の提出が不要となりました。更に、提出する申請書類が大幅に減り、添付書類もかなり簡素化されました。

大幅アップの助成率

2020年6月13日に、助成額の大幅なアップと助成期間の延長が決定されました。

申請期限

2020年1月24日~2020年6月30日の休業申請の申請期限は8月31日まで

2020年7月1日以降は最終休業日から2カ月以内の申請です。
例:7月1日~7月31日まで休業した場合の申請期限は、9月30日までとなります。

【期限終了】2020年1月24日~2020年3月31日までの休業申請をする方

申請期限:2020年8月31日まで

既に申請期限が過ぎている、1月24日~3月31日までの休業申請を予定している方についても、まだ申請可能です。ただし期限は8月31日までの申請に限ります。

申請方法も、今回の簡素化された申請方法と申請書類での申請で問題ありません。

【雇用調整助成金】4月1日以降の休業申請をする方

詳しい申請方法はこちらをご確認ください。
【最新版:雇用調整助成金申請方法】申請書類作成を誰でも分かるように説明 サンプルあり

【最新版 雇用調整助成金】提出書類

・支給申請書(3種類):様式特小第1号、2号、3号
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html
・売上表 or 損益計算書 or レジの月次集計 休業月と去年の同じ月
(2回目以降不要)
・休業月のタイムカード or 出勤簿 or シフト表
・給与明細 or 賃金台帳
・役員名簿(いる場合)
・振込先の通帳 or キャッシュカードのコピー
(2回目以降不要)

*会社、事業の設立が2020年の場合は、提出する売上表は休業月と休業月の前月分の提出となります。去年の売上が無いため、直近の売上で比較します。

*1カ月間全日休業させた場合のタイムカード、出勤簿、シフト表の提出については、従業員が通常取るべき「休日」と、今回休ませた「休業」が分かるように提出しなければならないので、休日の日には「休日」と記載し、休業の場合は「休業」と記載してください。

役員名簿のダウンロードはこちら

雇用調整助成金申請書の提出先

これまでに作成した、申請書と添付書類に押印し、郵送で提出となります。
郵送する場合は必ず追跡できる郵送方法で郵送してください。

東京都の方は下記まで郵送してください。東京都以外の方は、管轄の労働局まで郵送お願いします。
〒169-0073
東京都新宿区百人町4-4-1 新宿労働総合庁舎
ハローワーク助成金事務センター

東京都以外の郵送先
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10702.html

封用表の下に、「雇用調整助成金申請書類在中」と記載してください。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事