【特例猶予申請書】所得税や社会保険が払えない事業主は絶対にするべき!!1年間の支払い猶予申請

【特例猶予申請書】所得税や社会保険が払えない事業主は絶対にするべき!!1年間の支払い猶予申請

今回のコロナの影響で所得税納付の特例猶予が設けられました。コロナで売上が下がっている中、所得税、社会保険の納付に手が回らない場合でも、この「特例猶予申請書」を管轄の行政機関に提出するだけで、1年間支払が猶予されます。

所得税の場合:

国税局の説明はこちら

特例猶予申請書 申請条件

・2020年2月以降に1カ月でも収入が前年同期に比べて20%以上減少している
・現在納付することが困難である

特例猶予申請書 対象期間

2020年2月1日から2021年1月31日までに納期限が到来する方。
もしくは、2020年6月30日までに納付期限が過ぎたものであっても、遡って申請が可能

つまり、所得税の納付期限が仮に3月31日までだった場合でも、「特例猶予申請書」を提出すれば延滞税もかからずに、1年後の支払いまで猶予されます。

特例猶予申請書 書き方

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事