【コロナ感染症特別貸付】無利子・無担保で3,000万円融資 日本政策金融公庫 

【コロナ感染症特別貸付】無利子・無担保で3,000万円融資 日本政策金融公庫 

新型コロナの影響で、一時的に業績悪化に陥っている事業者の方に、政府より無利子・無担保で3,000万円まで融資することが決定されました。運転資金への使用も可能ですので、すぐにキャッシュが必要な方は、一度検討下さい。

新型コロナウイルス感染症特別貸付の貸付条件

大原則
・最近1か月の売上高が前年または前々年同期と比較して5%以上減少
・代表者が日本に在住していること(面接時に代表者必須)

開業間もない場合
・業歴3か月以上1年1か月未満等の場合は、最近1か月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少
(1)過去3か月(最近1か月を含む)の平均売上高
(2)令和元年12月の売上高
(3)令和元年10月から12月までの平均売上高

新型コロナウイルス感染症特別貸付の返済期間

  • 設備資金の場合は、最長20年以内(うち据置期間5年以内)
  • 運転資金の場合は、最長15年以内(うち据置期間5年以内)

新型コロナウイルス感染症特別貸付の担保について

無担保での貸付。さらに、直近で日本政策金融公庫から融資を受けていても、今回の貸付は別枠となっている為、新たに借り入れることができます。

新型コロナウイルス感染症特別貸付の利率

3,000万円以内の借り入れの場合は、無利子で3年間借り入れることができます。4年目以降の利子については、こちらを参照ください。

新型コロナウイルス感染症特別貸付の申込期間

期間は決まっておりません。また、今回の特別貸付には政府より十分な予算が充てられているため、申し込み枠が無くなってしまうということはございません。

新型コロナウイルス感染症特別貸付の申請方法

  • 郵送 郵送先はこちらでご確認ください
  • 来店 管轄はこちらでご確認ください
  • ネット申請

新型コロナウイルス感染症特別貸付の申請から融資までの流れ

申請を提出後、2週間~1か月後に日本政策金融公庫より電話連絡が入り、面談の日程を決めます。

申請を郵送で行った場合、申請書類を受け取りましたという写真のようなはがきが送られてきます。

面談には必ず事業の代表者も同行してください。そこで、融資の使い道や、営業状況、返済の目途等の質問を受けます。ポイントは、コロナが収まった後、売上の回復プランを明確に説明できれば、印象がいいです。

面談後、融資決定の有無連絡が2週間~1カ月で来ます。融資が決定すれば、借用書等の書類作成を郵送や、来社で行い、書類完成後に融資金が振り込まれます。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事