【旧:雇用調整助成金 】(旧ver)計画の申請方法 画像サンプルあり

【旧:雇用調整助成金 】(旧ver)計画の申請方法 画像サンプルあり

新型コロナ特例の雇用調整助成金の電話相談窓口
0120-60-3999  (受付時間9:00-21:00:毎日)
管轄のハローワークでも相談可能です。

R3年4月30日分までの申請(簡易版)←こちらで申請してください
【R3.4.30日までの雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

R3年5月以降の雇用調整助成金について
【R3.5.1日以降の雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

コロナ雇用調整助成金申請(計画) 必要書類

コロナウイルス雇用調整助成金の申請方法には2種類あります。2020年3月31日以前までの休業申請は、旧バージョンでの申請となります。2020年4月1日以降休業される場合は、2020年5月19日に簡素化された申請方法がアップデートされましたので、新バージョンからの申請となります。ここでは、2020年3月31日以前分の雇用調整助成金の申請をする方法をご紹介します。

3月31日以前分の休業申請を行う場合は、下記の書類が必要となります。

  • 休業等実施計画(変更)届け 様式第1(1)
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080400.html
  • 雇用調整実施事業所の事業活動の状況に関する申し出書 様式特第4号https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080400.html
  • 就業規則(コピーを提出)
  • 給与規定(コピーを提出)
    就業規則に含まれていれば必要無し、但し賃金の締日と支払い日の記載があるもの
  • 年間休日カレンダー*
    全従業員共通のお休みの場合は、会社カレンダーを添付する
  • シフト表
    シフトで出勤している場合は、シフト表の提出が必要
  • 登記簿謄本または、会社の経歴が分かるもの
    3ヶ月以内に取得したもの。コピーを提出
  • 労働者名簿(コピーを提出)
  • 売上高減少の確認書類
    休業月前月の損益計算書と、その1年前の損益計算書を用意
    (2回目以降不要)
  • 休業協定書(コピーを提出)*
  • 労働者代表選任届け(原本を提出)*

休業実施計画(変更届)様式第1号(1) 書式サンプル

この届出書で間違いやすい点が下記写真中央にある「◆判定基礎期間」です。

「◆判定基礎期間」は、休業した期間を給料の締め日で報告する。


例:2月1日~3月31日までの休業を申請する予定で、事業所の給料締め日が20日締めの翌月15日払い場合
⇒判定基礎期間:2月1日~2月20日

2月21日~3月31日までの休業日申請については、もう2セット申請書を準備します。その際の「◆判定基礎期間」は、
◆判定基礎期間:2月21日~3月20日となります。
◆判定基礎期間:3月21日~3月31日となります。

つまり、給与締め日が20日の場合で、2月1日~3月31日までの休業申請を行う場合は、3セットの申請書を準備しなければなりません。

また、給与締め日が末日の場合で、2月1日~3月31日までの休業申請を行う場合は、2セットの申請書を準備をします。
◆判定基礎期間:2月1日~2月29日
◆判定基礎期間:3月1日~3月31日

雇用調整事業所の事業活動の状況に関する申出書 様式特第4号 書式サンプル

この申出書で注意したいポイントを説明します。

A 判定期間の指標:休業する月の前月の売上額を記載。
B Aに対する期間の指標:前年の同月の売上額を記載

◆判定基礎期間が2月1日~2月20日の申請書を作成する場合も、休業する月の前月の売上が必要となりますので、1月1日~1月31日までの売上が必要となります。

年間休日カレンダーサンプル

ハローワーク推奨のカレンダーが下記となります。休業する年度の2年前までのカレンダーが必要となります(休業する年を含む3年間)。
このカレンダーには、会社の通常業務している場合の休業日に○をつけます。

「年間カレンダー」と記載がある下にかっこ書きで「年間所定労働日数 〇日」とありますので、カレンダーに〇をつけなかった日にちの年ごとの年間合計を記載。カレンダーの月別の下のかっこ書きには、月別の所定労働日合計を記載します。

添付のカレンダーはハローワークの窓口に置いてあります。

休業協定書サンプル (コピーを提出)

労働組合が無い場合は、従業員より代表者を1人決めて、労働組合の執行委員長にすることが出来る。その場合、「労働者代表選任届」も必要となる。

労働者代表選任届 (原本を提出)

雇用調整助成金申請書 提出先

これまでに作成した、申請書と添付書類に押印し、郵送で提出となります。
郵送する場合は必ず追跡できる郵送方法で郵送してください。

東京都の方は下記まで郵送してください。東京都以外の方は、管轄の労働局まで郵送お願いします。
〒169-0073
東京都新宿区百人町4-4-1 新宿労働総合庁舎
ハローワーク助成金事務センター

東京都以外の郵送先
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10702.html

封用表の下に、「雇用調整助成金申請書類在中」と記載してください。

まとめ

雇用調整助成金に必要な書類は以上となります。
常に、労働者名簿等を作成している方でしたら、そこまで大変な作業ではないのですが、名簿等を作成されてない場合は、準備するのに時間を要しますので、余裕を持っての申請準備をお勧めします。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事