【旧:雇用調整助成金】いくら受給出来る?

【旧:雇用調整助成金】いくら受給出来る?

新型コロナ特例の雇用調整助成金の電話相談窓口
0120-60-3999  (受付時間9:00-21:00:毎日)
管轄のハローワークでも相談可能です。

現在の雇用調整助成金について
【R3年7月8日時点 雇用調整助成金】全体を分かりやすく説明

コロナ雇用調整助成金とは

新型コロナウィルスの影響により休業を余儀なくされた事業主(個人、法人)が、休業中に従業員に対して支払った賃金を一定の割合に従って、国が補填してくれる制度です。

コロナ雇用調整助成金受給の条件

  • 休業月の前月と1年前の売上を比較して、休業月の売上が5~10%減少
    例:休業月2020.4.1 比較する月は2020.3月売上と2019.3月売上
  • 雇用保険加入会社
  • 従業員を雇っている(社員、アルバイト含む)
  • 新型コロナウィルスの影響を受けた事業主(個人事業、法人事業含む)

コロナ雇用調整助成金 申請期間と申請期限

2ヶ月以上の休業予定による、助成金受給申請の場合

休業期間が何ヶ月間の申請に関わらず、休業を開始した月の前月の売上との比較となります。なので、休業1ヶ月毎に1年前の売上比較を提出する必要はありません。

さかのぼってする助成金受給申請の場合

令和2年1月24日からの休業をさかのぼって受給申請が出来ます。申請期限は今のところ令和2年6月30日までとなっております。

コロナ雇用調整助成金申請から受給までの流れ

①休業計画書を管轄のハローワークに提出

提出期限:原則は休業する日の前日までの提出になります。しかし、コロナ雇用調整助成金に関しては、令和2年6月30日までに提出すれば問題ありません。

②従業員に賃金を支払い後、支給申請書をハローワークに提出

助成金の受給は、会社が先に賃金を支払って初めて資格受給となります。しかしながら、こちらにも提出期限があります。実績表の提出期限は、①の計画書を受理された日から2ヶ月以内の提出になります。

③助成金の受給

申請内容に問題が無ければ、助成金は会社指定の口座に振り込まれます。

コロナ雇用調整助成金受給までの期間

事業主が従業員に賃金の支払いを終えた後に、助成金の計算をし、その計算書を指定機関に提出します。提出後通常であれば、1ヶ月以内に指定の振込み口座に支払われますが、コロナ雇用調整助成金への申請者が殺到しているため、受給までに、最低でも2ヶ月は掛かる見込みです。

コロナ給付金・助成金カテゴリの最新記事