【ふるさと納税した場合】確定申告の書き方・記載例(青色申告者)

【ふるさと納税した場合】確定申告の書き方・記載例(青色申告者)

ふるさと納税したからといって、それだけでは税金の還付や住民税の減額にはなりません。ふるさと納税をしましたという申告をしなければなりません。今回は青色申告者がふるさと納税をした際の確定申告書の書き方を記載例を入れてご紹介します。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは自治体に寄付を行った際、寄付金額の2,000円を超える部分について所得税と住民税から控除・還付される制度です。ふるさと納税の税控除を受けるには2つの方法があります。
・ワンストップ特例制度(確定申告不要)
・確定申告

ふるさと納税の申告に必要なもの

ふるさと納税の確定申告をする場合は、下記の書類が必要となります。
・寄付金受領証明書
・源泉徴収票
・還付金用の受取口座
・マイナンバーカードor個人番号が分かるもの
・印鑑

青色申告決算書の作成

まずは、確定申告書を作成するのに必要な青色申告決算書を作成していきます。国税局のホームページより、下記参照の「確定申告書等の作成はこちら」をクリックします。

「申告書を作成する」というところに「作成開始」がありますので、クリックします。

今回は、書類での提出前提でお話を進めていきますので、「印刷して提出」をクリック。下の方にある「利用規約に同意して次へ」をクリック。

「令和元年分の申告書等の作成」をクリック。「所得税」をクリック。

「左記以外の所得のある方」の「作成開始」をクリック(フリーランスの方向け)。下記写真にあるように、入力後、クリックする。

「決算書・収支内訳書作成コーナーへ」をクリックしたら、「移動しますよろしいですか」とコメントがでてくるので、「OK]をクリックする。また、コメントが出てくるので「キャンセル」をクリックします。

次の画面になりましたら、「作成開始」をクリックします。下記写真のようにチェックを入れます。「青色申告決算書(一般用)営業等所得がある方はこちら」の「入力する」をクリックします。

損益計算書の作成

今回はこちらの損益計算書(PL)を使用して入力していきます。

上記PLを参考にして入力したものが、下記になります

売上の入力は「売上」をクリックして、下記図のように入力していきます。飲食店をされているかたは、軽減税率対策にも金額を入力していかなければなりません。会計ソフトを使っていれば特に問題なく入力できると思います。

「役員報酬」は「給料賃金」と同じ扱いになります。「給料賃金」は文字をクリックすると、下記の入力画面が出てきます。給与受給者一人一人の金額を記載していきます。「従事月数」とは、その従業員が1年間の内何カ月働いたかを記載します。「給料賃金」には、額面金額を記載してください。支払った金額ではないので、注意してください。「賞与」を支払っていない場合は、「0」を記載してください。「源泉徴収税額」は事前に準備していた源泉徴収票を見て記載してください。

「地代家賃」も文字をクリックして入力していきます。「賃借物件名」がない場合は、「なし」と記載してください。「賃」(賃料)に1年間で支払った家賃金額を記載してください。引っ越して間もなかったら、更新があった場合は、「権」(権利金)と「更」(更新料)に金額を記載してください。

PLの項目を全て記入終えたら、「差引金額」が先ほど用意したPLの「販売管理費 計」と同額になっていればOKです。「入力終了次へ」をクリックしてください。

青色申告で、65万円の青色申告特別控除額を受ける場合は、下記ページのように選択してください。令和2年分からはここに、「55万円」も選択出来るようになります。申告書を紙で提出する場合は、「55万円」を選択してください。

貸借対照表の作成

次は貸借対照表(BS)を作成していきます。下記BSを使って、入力していきます。

入力すると、下記のようになります。「事業主借」の部分は、BSでいうところの「資本金」です。ご自身で資本金を出された場合は「事業主借」へ、それ以外は「元入金」へ記載してください。

「入力終了」をクリックします。出てきた内容で問題無ければ、「次へ」をクリックします。

必要な住所等を入れれば「青色申告決算書」の書類作成が終了となります。

確定申告書の作成

次は申告書の作成に行きます。

「入力した情報を引き継いで、所得税の確定申告書を作成しますか?」とでましたので、「はい」をクリックしてください。「作成開始」をクリックします。画面に表示されている内容に問題なければ、「入力終了」をクリック。「数字を引き継ぎます」というコメントがでるので、「はい」をクリックしてください。

ふるさと納税の納付額を記入していきます。「所得から差し引かれる金額」の「寄付金控除」をクリックしてください。「入力する」をクリックします。

必要事項を記載して、「入力内容の確認」をクリックしてください。「次へ進む」をクリックすると、計算結果確認という画面になりますので、OKをクリックしてください。ここで、寄付金額には77,000円と入力したのに、75,000円と表示されてる事をお気づきでしょうか?ふるさと納税は全額が控除額になるのではなく、寄付金の内2,000円は控除の対象外となります。ふるさと納税振込手数料のようなものと考えて頂ければいいと思います。

「入力終了」をクリックすると、納税額は○○円ですとコメントが出てきますので、OKをクリックします。「入力終了」をクリックすると、納付額が表示されますので、コンビニ払いの場合は、「納付用QRコードを作成する」にチェックしてください。納税地情報に「来年の1月1日の住所は上記と同じですか」とあるので、同じ場合は「はい」をクリックしてください。そして、「次へ進む」をクリック。マイナンバーを記載して、「次へ進む」。「帳票表示・印刷」をクリックして、申告書の印刷を行います。

先ほど、印刷した青色申告決算書と今回印刷した申告書、ふるさと納税をしたという証明書を添付して、税務署に提出して完了です。税金の納付は、提出時に税務署の窓口で現金納付も可能です。

ふるさと納税カテゴリの最新記事