【簡単説明】青色申告って何?

【簡単説明】青色申告って何?

始めに断言しておきます。フリーランスの方、自営業の方は確実に青色申告を選択したほうがいいです。利益が出ても出てなくても。どちらにせよ、白色申告より支払う税金が少なくなります。 ちなみに法人会社のほとんどは、青色申告で字決算を行っております。なぜなら、65万円分の納税免除の権利を取得するからです。

青色申告の申請方法

まず、青色申告を希望する場合には、開業届と同時に所轄の税務署長宛てに「青色申告承認申請書」を提出します。 提出期限は、開業した日から2か月以内です。 すでに事業を開始していて、今年は青白申告に変更しようとする場合は、その変更したい年の3月15日までが申請書の提出期限です。

青色申告は会計ソフト無しでは厳しい

1年間(1月1日から12月31日までの間)に生じた所得金額(収入‐経費)を正しく計算し、申告するためには、収入金額や必要経費に関する日々の取引の状況を記録し、請求書や領収書等の書類を保存しておく必要があります。 この記録をエクセルで管理するのは非常に難しいので、会計ソフトを利用されることを強くお勧めします。

青色申告のデメリット

・税務署に届出書を提出
・e-taxによる申告(2020年以降の申告)
   →詳細別途
・会計ソフトの購入
   →クラウド会計ソフトだと3万円/年間で安い
・ 経理の知識がない
   →会計ソフトを入れれば、ほとんどが家計簿と同じ

青色申告のメリット

・65万円の特別控除がある
   →利益から65万円マイナス出来る
・利益がマイナスの場合、来年にそのマイナスと来年分の利益を相殺できる
   →マイナスを繰り越せるのは、3年まで
・30万円未満の資産を一括で経費に計上出来る
   →通常、10万円未満までしか一括で経費に計上出来ない
・貸倒引当金を設定出来る

青色申告申請書の書き方

確定申告カテゴリの最新記事