【簡単説明】青色申告と白色申告の違いについて

【簡単説明】青色申告と白色申告の違いについて

1年間の売上と経費を計算して、「やっと終わった」と思っている方もいるかもしれません。しかし、税金の計算、納税は1年間が終わった後からスタートしますので、これから頑張って行きましょー。

確定申告とは

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の利益にかかる税金額を計算し、申告期限(3/15 休日の場合は翌日)までに税務署に確定申告書を提出することです。この利益にかかる税金とは、所得税(利益額に応じて変動)及び復興特別所得税(2.1%)。

確定申告が必要な方

①自営業やフリーランス
②公的年金を受給(年間400万円以上受給)
③不動産収入、投資等での収入
④年収2000万円以上
⑤副業収入が年間20万円以上
⑥税金の軽減免税を受ける(災害による)

確定申告が不要な方

①会社から年末調整を受け取った
②収入―経費=38万円以下(年間)
③副収入が年間20万円以下
④扶養に入っていて、年収103万円以下
⑤公的年金が年収400万円以下

確定申告不要だけど、還付される方

①医療費が10万円超え
②特定の薬をドラッグストアで12,000円越え購入(上限は88,000円:セルフメディケーション税制)
③会社を退職し、12月末時点で再就職していない
④ふるさと納税をした
⑤マイホーム購入:会社員初年度のみ、フリーランスは毎年確定申告
⑥災害にあった

申告方法:白色申告、青色申告

確定申告書の種類の前に、確定申告の申告方法が2通りあります。「白色申告」と「青色申告」です。

白色申告

「白色申告」は税金についてお得なメリットはありませんが、家計簿のやり方で記録するだけでOKです。その家計簿でまとめた数字を「収支内訳書」に転記して終了となります。税務署に「白色申告でします」という、申請書を提出しなくていいので、簡単で楽です。

青色申告

「青色申告」をするには、「青色申告承認申請書」を、業務を開始した日から2カ月以内に税務署に提出しなければなりません。青色申告の詳細については、また別記事で説明させて頂きます。

確定申告書「A」と「B」

確定申告書には2種類あります。申告書「A」は会社員、アルバイトの方用、「B」はフリーランス、投資の方となります。もし、どちらを使うか迷った時は、「 B」を使ってください。「A」が簡易版で、「B」が全てを網羅している申告書となります。

確定申告書「A」:会社員やアルバイトの方

・会社員(給与所得者)
・公的年金等
・原稿料や印税、講演料等
・一時所得
 →生命保険金の一時金、傷害保険満期払戻金、賞金、懸賞、競馬や競の払戻金
・配当所得
 →株式の配当、投資信託の分配等

確定申告書「B」:フリーランスの方

・事業所得
・不動産所得
・投資所得

まとめ

年間利益が110万円以下で確定申告される場合は、「申告書A」の「白色申告」がいいと思います。
年間利益が110万円以上の場合は、「申告書B」の「青色申告」をお勧めします。

確定申告カテゴリの最新記事