【フリーランス以外の方向け】
年末調整の書き方・記入例

【フリーランス以外の方向け】<br>年末調整の書き方・記入例

11月頃会社より「年末調整についてのお願い」という案内がきます。この案内無視しては絶対にいけません!!

この言葉を置き換えると、

「給与から多く税金取っちゃったんで、アンケートに答えてください」

ここでは、一番メンドクサイと言われている、「保険料控除申告書」の書き方をお伝えします。生命保険等支払っている方が対象です。

年末調整とは

サラリーマンは毎月の給与から所得税が天引きされています。所得税は毎月の給与額から算出され「みなし金額」が、会社から国へ納税されています。

「みなし金額」とは、これぐらい1年間で稼ぐでしょで計算されたものです。

12月の給与が支給されるとあなたの年収が確定します。そこから給与所得控除、配偶者控除、扶養控除、生命保険料控除などが差し引かれ、最終的な所得税額が決まる仕組みになってます。

会社から見ると、年末調整は社員の年収と控除を把握し、納税額を正しく報告するために必要です。また 源泉徴収票を完成させるための作業も含まれてます。サラリーマン側は年末調整をすることで、多めに収めた税金を取り戻す作業をすると考えてください。

つまり、給料から天引きされた所得税を、来年の1月or2月に返してもらえる作業です。

年末調整には3種類の申告書が必要

・給与所得者の保険料控除申告書

・給与所得者の配偶者控除申告書

・給与所得者の扶養控除用(異動)申告書

  • 提出対象者

所得税が給与から天引きされている方全員

  • 提出期限

会社にもよりますが、大体11月末~12月10日ぐらい

  • 必要書類

生命保険等に加入されている方は、証明書原本が必要

保険料控除申告書書き方

  • 給与所得者の保険料控除申請書↓

生命保険、介護医療保険、地震保険などに加入している場合は、詳細の記載が必要です。

「保険料控除申告書」には、生命保険料控除蘭、地震保険料控除蘭、社会保険控除蘭、小規模企業共済等掛け金控除蘭があります。ここでは、生命保険を支払った場合における場合のみ説明します。ほかの控除蘭に関しては、申告書を見て頂いたら、そのまま指示通り書いていけば、完成するようになっております。

仮に生命保険に写真のように加入していたとしましょう。 写真は県民共済の証明書↓になります。

この証明書を元に「保険料控除申告書」を作成していきます。では、さっそく始めていきましょ!

次が間違えやすいです。証明書にはいくつか金額が記載されていると思いますが、書くべき金額は1つのみです。それは、1年間支払う額の保険料合計です。

証明書の一番下に「本年中に支払った保険料等の金額」とありますが、こちらは証明書が発行された段階で支払った金額の合計となります。

申告書に記載するのは、12月までに支払う金額の合計なので、証明書の「12月までの予定共済掛金額」に記載ある金額を記載しましょう。

ここも、先ほどと上と同じで、証明書の「12月までの予定共済掛金額」に記載されている金額を記載しましょう。

ここまで終わったら、後は計算するのみとなりますので、サクサクいきましょー

生命保険の金額を書き終わったら、区分のところで「新」に〇をつけた金額の合計を「A」。同じく「旧」に〇つけた金額の合計を「B」に。

「A」の金額を黄色枠線の式に当てはめる。       今回は15,840円(2万円以下)なので、計算無しで全額そのまま①へ。もし、計算後に4万円以上の金額になった場合は、問答無用で40,000円と①に記載。「旧」も同じように計算して②へ。①+②が4万円以上の場合は、こちらも問答無用で③に40,000円と記載。㋑には②と③のどちらか大きい金額なので、大きい方を記載。

介護保険も同じように計算式に当てはめます。介護保険はややこしくなく、計算した結果をそのまま㋺へ。ただし、こちらも4万円以上になった場合は、㋺に40,000円と記載。

最後の仕上げになります。今まで計算した結果を足していきます。㋑+㋺+㋩ この合計が12万円以上の場合は、120,000円と「生命保険料控除額」のところに記載してください。

結果、いくら還付してもらえるのか?

例えば、年収400万円で24,000円の生命保険を支払っている場合、還付金は、約2,000円となります。

結論、年末調整による還付金の金額は、申告書の「生命保険料控除額」の合計の10%ぐらいになる。と予想ができます。

まとめ

年末調整と聞くだけで嫌悪感を抱く方もいらっしゃると思います。よく申請書を見てみると、分かりやすく順序立てて説明書きが載ってます。「今回は保険料控除」の申告書の書き方をお伝え致しましたが、他2点の申告書は、より分かりやすく説明が、「扶養控除等(異動)申告書」、「配偶者控除申告書」に載ってますので、嫌がらずに見てみてください。

年末調整だけは、必ず行ってくださいね。もちろん自営業の方もです。ここは、国に強く「お金を返して下さい」と、堂々と言える機会ですので。メンドクサイかもしれませんが、ここは年末のひと踏ん張りです。返ってきたお金で、いつもより少し贅沢な日を過ごしてくださいね。

年末調整カテゴリの最新記事