【相続税の節税】暦年贈与が一番簡単で確実な節税対策!!

将来の相続税を確実に簡単に節税出来る方法が暦年贈与になります。暦年贈与をするかしないかで将来納める相続税額に大きく違いが出てきますので、相続税の節税を検討されている方にはオススメの節税方法となっています。 暦年贈与とは 暦年贈与とは1月1日~12月31日までに受けた贈与で、合計110万円以下は非課税となります。つまり1年間で110万円の金融資産のやりとりについては税金が課されない仕組みということで […]

【相続税の節税】2022年4月から暦年贈与の廃止は確実!?贈与税がなくなり相続税に統一の悲劇

令和3年度から自民党税制調査会が「相続・贈与の一体課税」について本格的に検討を始めました。令和3年度税制改正大綱にも「相続・贈与の一体課税を本格的に検討を進める」と明記されています。政府がこの一体課税を本格的に進める目的は、富裕層にもっと税金を課して富の分配を行い、貧富の格差を縮めるためと説明されています。 なぜ相続・贈与の一体課税が必要なのか 相続・贈与の一体課税とは、贈与を相続とみなすことを言 […]

【年末調整】5分で分かる源泉徴収票と年末調整

源泉徴収票はざっくり言うと、1月~12月の12カ月間で貰った給与と引かれた金額の合計額が記載されたものを「源泉徴収票」と呼びます。サラリーマンの方は会社から年末もしくは年始に源泉徴収票が渡されます。 源泉徴収票は、不動産購入、自動車購入等大きな買い物をする際にあなたの収入証明書となるものなので、大事に保管して下さい。 源泉徴収票とは 源泉徴収票は大きく3つに分かれています。 源泉徴収票をさらに詳し […]

  • 2021.11.13

【事業復活支援金】月次支援金の後継版 中小企業最大250万円 個人事業主最大50万円 令和3年11月以降、ほぼ全員が貰える支援金

令和3年10月までの支給だった月次支援金が終了しましたが、それに続く新たな補助金支給が令和3年11月11日に決定されました。補助金名は「事業復活支援金」となります。この支援金に組まれた予算は2.8兆円となり、持続化給付金の予算が5.5兆円だったので、その半分の予算が組まれたことが分かり、政府が「事業復活支援金」に力を入れていることが分かります。 まだ申請方法、申請時期の詳細は発表されていませんが、 […]

【事業再構築補助金】第4次公募からの変更点 まとめ

事業再構築についてのコールセンター(平日のみ 9:00~18:00)tel:0570-012-088tel:03-4216-4080 事業再構築補助金について【事業再構築補助金】全体をポイント解説(第4回公募) 令和3年10月28日に事業再構築補助金事務局は第4次公募の公募要領を発表しました。第4次公募では細かい点の修正が多かった為ここでは全てをお伝えせず、多くの方に影響がある7点の変更、追加点を […]

【ふるさと納税】令和3年度からふるさと納税の申告がもっと楽になる

現在住んでいる自治体(市区町村)以外で、あなたが応援したい自治体に寄付ができるのが「ふるさと納税」制度です。応援したい自治体に寄付をすると、その自治体から寄付金額に応じてお礼品が貰えます。 ふるさと納税について【ふるさと納税】今から始めたいと思っている方に、わかりやすく説明 令和3年度からの変更点とは? 令和3年度からの変更にあてはまる方は、ふるさと納税の確定申告で行っている方になります。その中で […]

【電子帳簿保存法】Amazonで購入したものは電子帳簿保存法に該当?具体的な対策をご紹介

令和3年度の税制改正により、「電子帳簿保存法」が大きく変わりました。大きな変更の1つとして今まで請求書等は紙での保存が大原則でしたが、令和4年(2022年)1月1日~は電子取引に関する請求書、領収書等は必ず電子での保存が義務付けられることになりました。 改正前までは、取引先からメールで添付された請求書等を紙に印刷して保管していたと思いますが、令和3年度の改正により印刷する手間は無くなり、クラウドも […]

1 16